ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

アシナガバチの駆除について

アシナガバチはスズメバチに比べると比較的攻撃性が弱いことから、きちんと生態さえ理解していれば共存することも可能です。幼虫のエサとして庭や木などにいるケムシやイモムシを捕獲するので、益虫として上手に共存するのが好ましいといえるでしょう。 働きバチが羽化する前で女王バチが一頭で活動している場合、巣を刺激しても基本的に女王バチが人間に危害を加えてくることはありません。ただ、一度巣を駆除しても同じ場所に巣を作り直すことがあるので、殺虫剤をまいておくといいでしょう。働きバチが羽化した後は、市販のスプレー式殺虫剤で簡単に駆除できます。その際にはハチをしっかり観察し、ハチが集まることが多い夕方~夜を狙い、1~2メートルほど離れた風上から20~30秒ほど噴霧すれば駆除できます。夜間に懐中電灯などの明かりを使っているとハチが光に集まってくることがありますので、赤いセロファンなどをはっておくとよいでしょう。薬を噴霧すると巣の中からハチが集団で出てきますが、これは基本的に人を刺そうとしている訳ではないので、ハチに触れないように注意しながら噴霧を続けましましょう。殺虫剤が付着すると攻撃性がなくなり、飛び回ったあげく死亡します。ハチがいなくなったことを確認したら巣を取り除きましょう。戻ってきたハチが巣を探してあたりをしばらく飛び回りますが、巣があった場所に殺虫剤を噴霧しておけば、残ったハチは薬剤に触れて死亡します。夜間の駆除は視界が悪くハチの状況を把握しにくいため、慣れていない人にはあまりおすすめできません。不安な方はアシナガバチ駆除は業者にお任せしたほうがよいでしょう。
対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.