ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ハチに刺されてしまった場合は検査を受けましょう

12月に入り、ハチのシーズンは収まったと言っても良いでしょう。しかし、人によってはシーズン中にハチに刺されてしまったという方もいらっしゃるでしょう。もしもそのような経験がありましたら、来シーズンでアナフィラキシーショックなどに遭わないためにも、今のうちに検査を受けておくと良いでしょう。アナフィラキシーショックはいわゆるアレルギー症状ですので、蜂毒に対するアレルギーを持っていないのか調べる事になります。
蜂毒に対するアレルギーの検査にはいくつかの方法があります。蜂毒を垂らし、肌を軽くひっかくことで反応を見る「スクラッチテスト」。薄めた蜂毒を皮膚の中に注射し、その反応を見る「皮内テスト」。血液を採取して抗体の量を調べる「RAST法」などがあります。その結果アレルギーを持っていないのならアナフィラキシーショックの危険性は低いですが、アレルギーが確認された際には医師の指示に従って治療を進めていくと良いでしょう。また、自分の体の状態を知ることで、ハチへの対策や自己注射薬などの準備を整える事ができます。
このような検査は、皮膚科や内科で検査してもらえることが多いので、事前に連絡を入れておくと良いでしょう。現在は時期的に、ハチに襲われるという危険はかなり小さくなっています。しかし、また暖かくなればハチは再び増殖を始めます。ハチ駆除を行う以外にも、できる対策はあります。特にハチに刺された経験のある方は、今のうちから対策を考えておきましょう。

Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98