ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ハチに対する間違った認識とは?

・黒い服装を着ていると、ハチに狙われやすい。
・ハチに刺されたら、アンモニアをかけると良い。
・一度人を刺すと、針が抜けてハチは死んでしまう。

このような情報を目にしたことはありませんか?これらの内容は、間違っている情報もあれば、誤解を招いてしまうような情報もあります。では実際はどうなのでしょうか。順番にご説明させて頂きます。

【黒い服装】
ハチは黒色に対して、特に警戒心を持ち、攻撃してくると言われています。こちらは間違いではありません。しかし、「白い服装ならば安全か」というと、そうではありません。ハチは「目立つ色」を攻撃する習性もありますので、夜間であれば白い服装の方が目立ちます。そのため、暗いところでは逆に白い服装の方が危険となるのです。

【アンモニアをかける】
ハチに刺されてしまったら、アンモニアをかけると良い、と昔から言われていますよね。こちらは大きな間違いです。まず、アンモニアにハチの毒を解毒する作用はありません。正しくは、抗ヒスタミン成分を含むステロイド系の軟膏を塗るのが良いとされています。痒みや炎症を抑える効果があり、アレルギーに対しても効果があるので、ハチに刺された際はこのようにして対処します。

【針が抜けるハチ】
こちらは間違いではありませんが、共通して言える内容ではありません。人間を襲うと針が抜けてしまうのは、ミツバチだけです。そのため、アシナガバチやスズメバチに襲われた際は、何度も刺されてしまう危険性があります。また、ミツバチに襲われてしまった際にも、針が抜けるからといって安心できるわけではありません。皮膚に針が刺さった状態だと、どんどん毒が注入されてしまいます。指で摘まんで抜いても、針にある毒袋を押してしまえば余計酷くなる可能性がありますので、とても厄介と言えるでしょう。

このように、ハチに対する知識では間違った情報などが出回ったりしています。誤った認識のままハチ駆除をしてしまうと、トラブルを発生させてしまう可能性がありますので、ハチやハチの巣駆除は必ず業者の方に依頼するようにしましょう。

Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98