ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ハチの巣からハチの種類を見分ける

ハチ被害をもたらすハチと言いますと、スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチが挙げられます。それぞれのハチは生態も異なれば、姿かたちも異なります。そして、巣の形も異なります。ハチ駆除を依頼する際、ポイントの一つとなるのがハチの種類です。ハチの種類によって駆除の方法も異なりますし、依頼費用も上下します。それでは、それぞれのハチはどのような巣を作るのでしょうか。

・スズメバチの場合
スズメバチの巣の最大の特徴が、表面を貝殻模様の外皮で覆われていることです。この外皮は水を弾いたり、外敵の侵入を妨げます。巣は大きな球状で、基本的には山間部や森林など、餌が豊富に得られる場所に営巣しやすいです。ただし、外皮の模様や営巣場所などは、スズメバチの種類によっても差があります。

・アシナガバチの場合
アシナガバチの巣には外皮が無く、スズメバチと比較しても小さいです。形は蓮の実に例えられるように、六角形の巣穴がいくつも密集した形がよくわかります。また、アシナガバチは人間の生活圏内に巣を作ることも多く、さらに巣を破壊されても作りなおしてしまうことがあります。このことから、駆除が急がれるハチでもあります。

・ミツバチの場合
ミツバチの巣も外皮は無く、何枚もの巣板が並行に並ぶ構造をしています。基本的には密閉された空間に作る事が多く、普段の生活では目にする機会は少ないかも知れません。営巣規模は大きく、数万匹のミツバチが生息していることもあります。

それぞれの巣には、このような特徴があります。ハチ駆除をご依頼される際は、このような情報をお伝えいただくと良いでしょう。ただし、無理にハチの種類を特定使用としますと刺されてしまう危険が高まります。決して無理はせず、種類が特定できない場合は調査も含めて業者にご依頼ください。

Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98