ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ハチの巣は1年で終わります

ハチと同じように社会性を持つ虫にはアリやシロアリがいます。このアリやシロアリは女王アリの寿命が長く、8年以上生きることもありますので巣も非常に長持ちです。女王アリが駆除されない限りはずっと巣を維持することができます。ではハチの巣はどうなのかと言いますと、1年しか維持することができません。それは女王バチの寿命が1年しかないからです。冬眠をする女王バチ以外のハチは、全て死んでしまいます。凶暴なスズメバチであっても同じです。冬の時には基本的には女王バチだけが生き残り、他のハチは死にます。そのために巣は空いた状態になってしまうのです。もし冬の間にハチの巣を見つけても、中にはハチが残っていません。しかし、ハチの巣の駆除はやっておきましょう。ハチは最初から巣を作りますのでそのハチの巣が再利用されることはありませんが、他の害虫が巣にしたり、餌場にしたりしますので残しておいても良いことはありません。ハチの巣は冬場には無人になりますので、ハチの巣の駆除がとてもやりやすい時期になっているのです。1年で終わってしまうハチではありますが、次の年の春になると女王バチが目覚め、また新しい巣を作り上げます。そうするとまた被害が出てしまいます。ハチの巣を駆除するのでしたら冬の間にやっておいて、春先にはまだ巣の規模が小さいうちにハチ駆除を行い、巣が大きくならないようにしましょう。特に巣が作られていた場所はまた巣を作られる可能性が高いですので、春になったら一度業者にチェックしてもらうと良いかと思います。

Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98