ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ハチトラップで女王蜂を駆除する

前回の記事で、女王蜂の目覚めについてご説明させていただきました。その中で、ハチ専用のトラップについても簡単にご説明させていただきました。
これから更に暖かくなりますと、冬を越した女王蜂が次々に目覚め、ハチの巣を作り出すことでしょう。しかし女王蜂を駆除する事ができれば、将来作られるはずだったハチの巣を一個駆除したのと同じ意味を持ちます。ハチトラップの作り方は簡単なので、ハチ被害が心配だという方は今のうちにトラップを作っておくことをおすすめいたします。

まず、ペットボトルを用意しましょう。大きさはどれでも構いませんが、大きいもののほうが作りやすいかもしれません。
用意したペットボトルの上の方に穴を開けます。そして、その切れ端をペットボトルの内側に折り込みます。これによって、罠にかかった女王蜂が逃げないようにします。
そして、ペットボトルの中にハチをおびき寄せる誘引剤を入れます。誘引剤のレシピはいくつもありますが、酒・酢・砂糖を混ぜたもの、酒とジュースを混ぜたものが多いです。
誘引剤を入れ終わりましたら、子どもたちの手の届かない高さで、日陰に設置するようにしましょう。日向に設置しますと、誘引剤が発酵して誘引効果が低下してしまう事があるようです。時間が経ったり、虫の死骸が溜まって来ましたら、一度誘引剤を新しいものに交換しておくと良いでしょう。

これを設置しておくだけで、女王蜂の駆除を進める事ができます。女王蜂を見つけるのは簡単なことではありませんので、あらかじめトラップを設置しておけば効率的に女王蜂を駆除する事ができるのです。ただし、死骸を捨てる際には直に触れないようにご注意ください。
対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.