ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ハチ被害に最も警戒が必要な時期です

ハチ被害が最も多く報告される時期は8月です。その次に9月・7月・10月と続くようになります。このように見ますと、ピーク時である8月を越えたため、ハチの脅威が去りつつあるように感じられるかもしれません。しかし、実際にはそうでもないのです。8月に被害件数が多くなるのは、ハチだけでなく人間も活発に外出などを行うためです。実際に、夏休みやお盆休みなどで遠出し、そこでハチに襲われたという経験を持つ方もいらっしゃるでしょう。10月となった今でも、ハチの脅威は去っていないのです。
ハチの種類にも寄りますが、実は9~10月にかけてハチの個体数は最大になります。例えば、最も身近なスズメバチであるキイロスズメバチは、巣に生息する個体数が1,000匹を超えることがあります。最も大型のオオスズメバチでも、一つの巣の個体数は何百匹にも達します。さらにこの時期は、餌となる昆虫などの数が減る一方で、新たな女王蜂や雄蜂などの餌が大量に必要になります。その結果、スズメバチは他のハチの巣を襲うようになります。襲われる側も警戒を強めるため、それに巻き込まれる形で人間が被害を受けるようになってしまうのです。
ハチのほとんどは冬を越えられないため、今がハチ駆除の正念場ともいえます。しかし前述のように、今は一年で最もハチが多い時期です。ハチ駆除の難易度も当然高まっていますので、無理なハチ駆除は決して行わないようにしてください。もしもハチ被害が懸念されるようでしたら、ハチ駆除業者に作業を依頼する事を強くお勧めいたします。

Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98