ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ミツバチは冬を越すことのできる蜂です

スズメバチは巣を作り始めてから活動を終えるまでを春から秋にかけての間に完了します。ひとつの巣が1年を越えて活動することはありません。また、越冬することができるのは基本的にその年、巣で生まれた新女王蜂のみです。もとの女王蜂・働き蜂・雄蜂は冬を超えることができず、寒さや寿命で死んでしまいます。冬眠から目覚めたばかりの時期は女王蜂は大変弱っているため、樹液や蜜をなめるだけで実は大変おとなしい性質をしています。
しかしミツバチは集団で巣を作る蜂の中では数少ない、女王蜂以外も冬を越すことのできる蜂です。といっても冬眠するのではなく、冬に巣に残った女王蜂・働き蜂が身を寄せ合いじっとして、体温を高めることで寒さをしのぎ続けているのです。この集団で寄り集まって体温を上げるという習性は、日本古来の種であるニホンミツバチの場合、巣を襲撃してきたスズメバチに対し多数の蜂で包み込むことによって撃退する(蒸し殺す)、「蜂球」という戦法にも生かされています。ミツバチは1年を通し、積極的に攻撃してくることのないおとなしい性質をしていますが、10~11月頃の冬を越す準備をしている時期や2~3月頃の越冬から活動を再開した直後は攻撃性が増すことがわかっています。また、巣に近づくもの=敵と判断する攻撃性は、スズメバチ・アシナガバチと比べても年間通じて非常に強い傾向にあります。冬だからといって、ミツバチの巣や巣箱に近づくのはやめておきましょう。
対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.