ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

死骸の処理にもご注意ください

ハチが単に人の周りを飛び回るだけの昆虫なら、これほど恐れられることはなかったでしょう。
ハチが恐ろしい理由の一つ、鋭い毒針。差し込まれると同時に様々な化学物質が混ぜ合わさった強力な毒が注入され、人間のように大型の動物でも命の危険があるものです。
もちろんハチが生きている間も恐ろしいのですが、例えば殺虫剤などで殺したハチの死骸を片付けるときも十分な注意が必要です。
実はこの毒針と毒は、ハチが死んだ後も、筋肉が反射的に動くことが知られています。死骸を片付けようとして、ティッシュなどでつまみ上げようとすると、お腹の部分に触れた時に刺されてしまう恐れがあるので、スズメバチを始めとするハチは死骸でも油断することは出来ません。
ハチの巣を駆除すると大量のハチの死骸が落ちることになるので、自分で巣を駆除するのはもちろんですが、落ちた死骸の処理についてもハチ駆除のプロにご相談して、対処してもらうほうが安全かもしれません。
季節はまだ1月ですが、気温が高いと例年より早めに活動を開始するかもしれません。毎年ハチの巣が出来る場所は、早めにチェックして起き、ハチの巣が巨大になる前に駆除してもらうのも良いかもしれません。


Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98