ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

空の巣だと油断しないようにしましょう

皆さんは、スズメバチの巣が翌年再利用されないということをご存知でしょうか? あれだけ大きくて立派な巣を作るのに、スズメバチはその巣を1年しか使いません。 巣を再利用するのは、私達がよく知っているハチの中ではミツバチが年中通して営巣するくらいで、他のハチは、冬になると働きバチやオスバチは死んでしまって、メスの女王バチだけが冬を越すものがほとんどです。 そろそろ11月も目前となりましたので、スズメバチの活動シーズンも終わりを告げます。今までたくさんのハチが出入りしていた巣も、静まり返っていると思います。 だからといって、迂闊に撤去をするのは、あまりお勧めできません。 空だと思っていた巣に、まだ働きバチが残っていて、巣を触ろうとしたり、近づいた時に攻撃を受ける可能性があるからです。 アシナガバチの巣のように、巣穴が見えている形状なら、ハチが居るのかどうかは簡単に識別できます。 しかし、スズメバチの巣は、小さな出入り口以外は外からは何もわかりませんので、巣の奥の方には、まだハチが残っている可能性が充分あるのです。 また、巣は比較的高いところに作られる場合も多いので、撤去の際の転落事故などの危険もあります。 巣の撤去をご希望の方は、当サイトまでお気軽にご相談ください。

Parse error: syntax error, unexpected '?' in /usr/home/aa116etcdb/html/wp/wp-content/themes/org-theme-1.0/footer.php on line 98