ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

冬に蜂の巣を駆除すべき…?駆除方法と注意点を紹介!

冬に蜂の巣を駆除すべき…?駆除方法と注意点を紹介!

蜂といえば、春に花の蜜を吸い、夏から秋にかけて巣を大きくしながら繁栄していくイメージですが、蜂の巣は冬になるとどうなるのでしょうか?

蜂がいなくなってしまう冬でも蜂の巣は残ります。場合によっては次の年に新たな蜂が、元ある巣の場所にやってくる可能性もありますので、早めに取り除いておくことが大切です。

今回は、冬の巣の状態や、駆除方法、ポイントなどを合わせてご紹介します。蜂がいない冬の時期に適切に巣を除去して、安心な春を迎えましょう。

 

 

 

 

冬場の蜂の巣ってどうなっているの?駆除は必要?

ほとんどの蜂は、冬になる前に死に絶えてしまいます。春からだんだんと大きくなった蜂の巣の中には、冬になると何もいなくなってしまうのです。

しかし、女王蜂だけは働き蜂とは違った過ごし方をします。秋に前の女王蜂が雄と交尾をして生まれた女王蜂は次の春になると新たな場所に移動し、巣を築きながら子供を産みはじめます。春を迎える前には一匹で冬眠するように寒さに耐え忍ぶのです。

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど、日本でもたくさんのハチがおり、種類によって年の活動期が異なります。なかでもミツバチはほかとは違う行動をするので注意が必要です。種別の活動期間を見てみましょう。

 

●スズメバチ
7月から10月にかけて働き蜂が活発化します。そして、秋に生まれた女王蜂だけが土中や木に移り住み、越冬します。

●アシナガバチ
働き蜂は8,9月に活発に活動し、冬には女王蜂だけが巣を旅立ち、生き残ります。

●ミツバチ
ミツバチには体温管理ができるような機能が備わっているので、冬にも体温を30度近くに保つことができるといわれています。体温を高く保ちながら巣にこもり、冬を越します。

 

このように、スズメバチやアシナガバチの巣は冬になると空になりますが、ミツバチの巣には蜂が何匹も生活していることがあります。冬に巣を駆除するときは、まずは蜂の種類を確認し、安全かどうかを確かめましょう。

 

冬に蜂の巣を駆除する方法

冬に蜂の巣を駆除する方法

ミツバチ以外の場合、冬に残った巣にふたたび蜂がやってくることはほとんどないですので、絶対に取り除かなければならないというわけではありません。しかし、春に活動をはじめる蜂が巣を見つけると、その巣の素材を材料として放置してあった巣の近くで新たに巣作りする可能性があります。蜂をご自宅周辺に寄せ付けたくないのであれば、冬に取り除いておきましょう。

 

蜂の巣を駆除する方法には、5つのステップがあります。

  • ① 蜂に刺されにくい服装に着替える
  • ② 蜂が飛び回っていないかを確認する
  • ③ 剪定ハサミなどを使って、巣を取り除く
  • ④ 駆除した巣は袋に入れてしっかりと縛り、ゴミとして捨てる
  • ⑤ 蜂の巣があった場所に殺虫スプレーをかけて忌避する

 

駆除は、狩りに出かけた蜂がまだ帰ってきていない、日が沈んですぐの時間帯におこなうのがベストです。そして、最小限の明かりのもと作業をおこないます。暗いからといって明るすぎるライトを使っていると、蜂が寄ってきてしまうからです。安全性に気をつけながら、正しい手順で取り除きましょう。

 

駆除する際の注意事項

冬はほかの時期よりも安全とはいっても、何も気をつけていないと駆除に危険が伴う場合があります。駆除時には、これからご紹介する2つのことをしっかりと確認しましょう。

 

●蜂が巣の周囲にいないか
駆除をはじめる前に、蜂の周りを観察しましょう。蜂は攻撃性が高いので、蜂が一匹でもいると駆除中に人に襲い掛かってくることがあります。
「蜂がいないとは思うけれど、万が一襲い掛かってきたら怖い…」という場合は、殺虫スプレーなどで忌避をしてから作業に取り掛かるのがおすすめです。ハチ駆除をしてくれる業者におまかせすれば、より安全です。

 

●巣の中に幼虫がいないか
冬になっても、まだ中に生きた幼虫が住んでいることがあります。幼虫は働き蜂が持ち帰ってくるエサがなければ生きることができませんので、幼虫が生きているということは、まだ働き蜂が生き残っていると考えられます。幼虫がいる巣を何の対策もせずに駆除すると、巣がないことに気づいた働き蜂は襲ってくるかもしれません。

幼虫がいなくなるまで待つとよいでしょう。仮に幼虫ごと駆除するなら、袋に入れた巣に殺虫スプレーをかけるなどして、幼虫の命を絶えさせておくとより安心です。

 

今後のためになる!蜂対策

今後のためになる!蜂対策

蜂の巣が作られた場所には、再度巣を作られやすい傾向にあるので、春が来る前に対策しておいたほうが安心です。お家でも巣ができやすい場所で蜂対策をしましょう。

 

●軒下
蜂が巣を作りやすい場所で、気づくといくつも作られていることもあります。大小にかかわらず、黄土色の巣を見つけたらすぐに取り除きます。

●換気扇
ミツバチなどの蜂が巣を作るのにやってきます。殺虫剤をまいて忌避することが大切です。

●お庭
庭で木を育てている場合はとくに巣を作りやすく、蜂が寄ってきてしまいます。葉や枝が生い茂っていると天候の悪い日にも安全な場所になってしまうので、定期的に剪定をして、枝を減らしましょう。

●ベランダ
プランターや物が置いてあると、風通しが悪くなり、蜂が隠れやすくなります。物を減らすなどの対策で蜂が住み着きにくい環境にします。

●物置・倉庫
物がたくさん置いてあることもあり、人の出入りも少ないので、巣が作られやすいです。換気を定期的におこない、蜂が出入りできないように網戸やネットで入り口をふさぐとよいでしょう。

●天井
蜂にとって、天井裏は雨風をしのぐのにとても便利な場所です。隙間が少しでもあると、天井裏に侵入されてしまいます。網や板で侵入口を覆い、入り込まないように対策しておきます。

 

まとめ

働き蜂は冬になると死んでしまい、新たな女王蜂は冬眠のために巣を出ていくので、冬の巣の中に蜂がいることは少ないです。しかし、ミツバチは自ら体温を調節し温めることができるので、巣の中で冬を越すことがあります。

蜂の駆除は、剪定バサミなどを使っておこないます。取った巣は袋に入れゴミとして処分します。そして、念のために蜂の巣があった個所には殺虫スプレーをかけておきます。
駆除をするときには、周囲に蜂がいないか、幼虫がいないかを確認したうえで取り除くのが安全に作業をするポイントです。不安なときは、業者におまかせするのもおすすめです。

冬に正しい方法で巣を駆除して、安心・安全な春を迎えましょう。

対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.