ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

9月に活発なスズメバチ

9月もそろそろ中盤に差し掛かり、徐々に朝晩が涼しくなってきました。昼間も過ごしやすいので、屋外でのレジャーにも良い季節です。 しかし、今の季節はスズメバチの活動期でもあります。もう1ヶ月ほどすると営巣期間が終わり、ハチは越冬のために数を減らして活動も鈍くなりますが、今はまだ、スズメバチに対しての警戒が必要です。 警戒が必要なスズメバチは、次の5種類です。ご参考にしてください。 ◇コガタスズメバチ コガタスズメバチは、小型とナがついていますが巣の直径は30㎝を超えるような大きなものを作ります。営巣活動のまっただ中ですので、ハチ達の警戒心も強いです。 ◇キイロスズメバチ キイロスズメバチは、スズメバチの仲間でも特に攻撃性が強いハチで、屋外レジャーの際に山の中などで遭遇し、大きな事故になることが多いです。成虫が1000頭を超える様な規模の巣も珍しくないので、もし巣を見かけた場合は、速やかにその場から立ち去りましょう。 ◇ヒメスズメバチ ヒメスズメバチは他のスズメバチより営巣期間が短いので、そろそろ活動最終期ですが、交尾のためにオスバチが飛び回る姿がよく見かけられます。 ◇モンスズメバチ モンスズメバチはキイロスズメバチと同様に攻撃性の高いスズメバチです。より厄介なのが、巣を木の空洞や民家の屋根裏など、密閉空間に作る習性があるということです。 巣が外から見えないので、知らず知らずのうちに巣に近づきすぎて、攻撃を受ける事例も珍しくありません。 ◇オオスズメバチ オオスズメバチは、11月頃まで活動が宝庫kす荒れています。特に被害が多いのは9月から10月に掛けてです。体長40mm程度で、かなり大きな品種です。巣は土の中に作られることが多く、モンスズメバチ同様に知らず知らずのうちに巣に近すぎてしまう事が多いです。
対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.