ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-949-337

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

蜂がベランダに来るのはもう勘弁…近寄らせないためにはどうする?

蜂がベランダに来るのはもう勘弁…近寄らせないためにはどうする?

 

暑かった夏も終わり、いよいよ秋本番。過ごしやすい季節ですが、この時期に気を付けたいのが蜂です。秋シーズンの蜂は攻撃性があるため、特に注意する必要があります。しかし、ベランダで飛び回ることの多い蜂。洗濯物を干しに行くのも怖いですし、洗濯物にくっついて部屋の中に入ってくるということも避けたいですよね。

今回は、蜂がベランダに集まる理由、蜂対策をする方法、蜂を自分で駆除する方法をお伝えしていきたいと思います。現在、ベランダに蜂が来てお困りの方も、今後の参考にしたい方も、最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

 

蜂がベランダに来る理由。蜂にとってベランダは絶好の場所?!

ベランダは蜂にとって好まれる場所です。ここでは、蜂がベランダに集まる理由をお伝えしていきます。

ベランダの軒下は巣作りに適している

テレビなどでベランダの軒下に作られた蜂の巣を撤去している場面を見たことはありませんか?蜂がベランダの軒下に巣を作ることには理由があります。実は蜂の巣作りにはベランダが適している場所だからです。

蜂を含む多くの生き物は、外敵から身を守ることができ、快適な場所に巣を作ります。例えば、直射日光が当たったり、強い風が吹きつけたりする場所には巣は作りません。ベランダは直射日光を遮ることができ、風もしのげるので、蜂の巣作りに適していると言えます。

近くに巣がある可能性が高い

近くに蜂の巣があると、ベランダに蜂が来る可能性が高まります。一般的に蜂の巣からベランダまでの距離は、半径1kmくらいと言われています。しかし、1km以上離れていてもベランダまでやってくることもあるので、決して油断をしてはいけません。

また、蜂の種類によっては、巣の中に蜂の数が多くなると2つの巣に蜂を分けて住むことがあります。そのため、もしかしたら家の敷地内にもう1つの小さな巣があるかもしれないので、注意が必要です。

家庭菜園をしているから

家庭菜園をしている方は、それが原因で蜂が来ているかもしれません。アシナガバチは、家庭菜園を好む蜂と言われています。もし、ベランダでよく見かける蜂がアシナガバチの場合、家庭菜園が原因の可能性が高いでしょう。

しかし、アシナガバチは人懐っこい蜂であり、農作物につく虫を食べてくれる益虫でもあります。そのため、逆にその習性を利用することもできます。

また、アシナガバチのように人間に攻撃的でない蜂が巣を作っている場合でも、人に危険が及ばないところに巣を作っているときは、その蜂を使って、攻撃的な蜂が巣を作ることを防ぐことができます。蜂は縄張り意識が強いため、他の蜂が巣作りの場所として選ぶことを防ぐことができるためです。

 

蜂をベランダに寄せ付けない方法!これを試して万全の蜂対策を!

蜂をベランダに寄せ付けない方法!これを試して万全の蜂対策を!

 

ここでは、ベランダに蜂を寄せ付けないようにする対策方法をお伝えしていきます。今蜂がベランダに来て困っている方は、ぜひお試しください。

ベランダをきれいにする

蜂は外敵から身を守る場所に巣を作ります。そのため、ベランダにものが散乱していると、より外敵から身を守りやすくなるため、巣を作る可能性が高くなります。また、飲み残しの甘いジュースや、こぼした甘いものをそのままにしておくと、蜂は寄ってきます。ベランダはきれいにしておくようにしておきましょう。

柔軟剤の香りをおさえる

柔軟剤の香りも蜂を呼び寄せてしまう原因の一つになってしまいます。もし、ベランダにくる蜂が気になるようでしたら、香りをおさえた柔軟剤を使うとよいでしょう。

蜂の苦手な匂いを利用する

蜂が苦手な匂いをベランダにまくことで、蜂がベランダに来ることを防ぐことができます。特に小さいお子様がいる家庭は、手軽で安全な木酢液が有効的です。木酢液は、市販で購入することができるほか、自分で作ることもできます。

木酢液とは、木材を焼いたときの独特の匂いがするもので、木材を焼いたときの煙を冷やすことで液体になるものです。

ベランダによく蜂が来るときは、木酢液をいれた袋を物差し竿にぶら下げておくか、ベランダに直接まきましょう。

また、ハッカ油でも、木酢液と同様に蜂が嫌がる匂いがするので、効果的です。

殺虫剤をまく

市販で売っている殺虫剤をベランダの壁などに吹きかけておくと、蜂は匂いに敏感なため、近寄りにくくなります。今では蜂専用の殺虫剤も手軽に手にいれることができ、より効果が期待できます。しかし殺虫剤は薬品なので、取り扱いには注意が必要です。

 

ベランダの蜂を自分で駆除する方法とは?

ここからは、自分で蜂を駆除する方法をお伝えしていきます。もし、ただ蜂がベランダにいるだけで、まだ巣が作られていない場合は、危険ですので、先述した「ベランダに蜂を寄せ付けない方法」をおすすめします。すでに巣が作られているときはお試しください。

事前に用意するもの

蜂を駆除する際に必要になってくるのが、殺虫剤と防護服です。蜂の駆除を行うときには危険が伴います。そのため、しっかりと自分の身を守る必要があります。殺虫剤は、近くで噴射しなくても、最大10mから噴射できるスプレーも市販で売られています。なるべく、蜂の近くに行かなくても済むように、遠くまで殺虫成分が届くタイプのスプレーを選びましょう。

スプレーを噴射しても、生き残った蜂から返り討ちに合うおそれがあります。しっかりと防護服を着用しましょう。特にスズメバチの針は鋭くて長いので、分厚い防護服を着用しましょう。また、正しく着用されていないと防護服の中に蜂が入ってくることがあるので、注意が必要です。

蜂の巣を駆除する時間帯

蜂は、24時間ずっと活発に動きまわっているわけではありません。夜20:00以降であれば蜂は活発に動き回っていないので、効率的に蜂を駆除することができます。安全に駆除を行うには、蜂の動きが鈍くなる気温が低い日に行うのもオススメです。

蜂の巣を駆除する手順

ここでは、自分で蜂の巣を駆除する流れをご紹介していきます。蜂の巣の駆除は危険なので、必ず軍手・長ズボン・長袖で行うようにしてください。髪の毛の色にも蜂が反応するので、白い帽子や白いタオルで頭を覆うことをオススメします。可能であれば、安全のためにハチ駆除用の防護服を着用しましょう。

蜂を駆除する方法は次の通りです。

1,殺虫剤を噴射する

蜂が静かにときに、蜂の巣に殺虫剤を噴射してください。蜂が巣から次々と出てきますが、蜂の反応がなくなるまで、およそ30~60秒噴射し続けます。

2,蜂の巣を取り除く

蜂の反応がなくなったら、長い棒で蜂の巣を取り除きます。中から生きている蜂が出てくることがあるので、十分に注意してください。

3,蜂の巣を処分する

蜂の巣をビニール袋にいれて処分します。まだ蜂が生きているようでしたら、殺虫剤で殺してから蜂の巣を処分します。

 

蜂がもしこちらに飛んできたら…どうするのが正解?

蜂がもしこちらに飛んできたら…どうするのが正解?

 

蜂の駆除に危険はつきものです。もし、蜂が自分に向かって飛んできたらどうすればよいのでしょうか?

こちらから刺激を与えなければ、攻撃してくることはない

はじめに知っておいていただきたいこととして、蜂はこちらから攻撃をしない限り、攻撃してくることはありません。蜂を見つけると「今のうち」とすぐに捕まえようとする人がいますが、そのような行為は刺される可能性があるの、十分な注意が必要です。

黒色のものを隠す

蜂は黒いものに反応します。もし蜂がこちらに向かって飛んで来たら、黒いものを布などで隠しましょう。

激しい動きをしない

蜂がこちらに向かってきたからと急に走って逃げると、かえって危険です。ゆっくりと後ずさりをして逃げましょう。

 

まとめ

今回は、ベランダに蜂がくる理由から、ベランダに蜂がこないようにする対処法、ベランダにできた巣の対処法をお伝えしてきました。

蜂の種類の中には刺されると、最悪の場合死に至る危険な蜂もいます。蜂の被害にあわないように蜂が巣を作る前にしっかりと対策をしておきましょう。しかし、蜂の駆除には危険が伴います。服装や匂いに注意を払ってから、できるだけ安全に行うようにしましょう。

今回ご紹介したことが、蜂の駆除に役立てば幸いです。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.