ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-337

フリーダイヤル0120-932-621

・利用規約 ・プライバシーポリシー

最新情報・レポート

アシナガバチ・キイロスズメバチの蜂の巣駆除・退治|ハチ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

ベランダの蜂の巣を小さいうちに駆除する方法!危険性や対策もご紹介

ベランダの蜂の巣を小さいうちに駆除する方法!危険性や対策もご紹介

ベランダの蜂の巣は、小さいうちに自分で駆除してみましょう。小さな蜂の巣はまだ危険度が低いため、自分でも駆除することができる場合があります。

自分で駆除することができる蜂の巣の状態や、駆除に適した時間・服装、具体的な駆除方法についてお教えしますので、自分で駆除したい方はぜひチャレンジしてみてください。しかし、巣の状態によっては危険性が高い場合もありますので、そのときは無理に駆除しようとせず、プロに依頼するようにしましょう。

ベランダの蜂の巣を小さいうちに駆除するなら「蜂の数」をチェック!

ベランダの蜂の巣は、小さいからといって必ずしも自分で駆除できるとは限りません。小さな巣でも、状態によっては危険度が高くなることもあります。女王蜂のみの場合と働き蜂がいる場合の危険度の違いについて解説していきますので、今から駆除しようとしている巣はどれくらいの危険度なのか一度確認してみましょう。

女王蜂のみの小さな巣は簡単

蜂の巣を観察したときに、巣の大きさが4~6cmほどで、女王蜂しかいない場合は簡単に駆除することができます。女王蜂の形や色は働き蜂と似ていますが、体の大きさは働き蜂に比べてひと回り大きいのが特徴です。見た目が大きいので怖く感じるかもしれませんが、女王蜂は比較的おとなしい性格をしていますので、攻撃性は低いといわれています。

スズメバチは4~6月頃、アシナガバチは4~5月頃に巣を作り始めます。小さな巣をそのまま放置してしまいますと、やがて働き蜂が繁殖しだし、危険性が高まってしまいますので早めに駆除をおこないましょう。

働き蜂がいる小さな巣は少し危険

巣が少し大きくなり、働き蜂が数匹飛び回るようになると、駆除するときに注意しなければいけません。巣を駆除しようと近づいてしまうと、働き蜂が巣を守ろうと刺してくることもあります。

この状態の巣は無理に自分で駆除しようとせず、危険を感じたらプロに依頼するとよいでしょう。それでも挑戦したいという方は、この後ご紹介する駆除に最適な時間帯や駆除方法をぜひ参考にしてみてください。

蜂の巣駆除に最適な時間帯は夕方~早朝

蜂の巣駆除に最適な時間帯は夕方~早朝

蜂の巣を駆除するなら、働き蜂が巣に戻ってくる夕方~早朝にかけておこなうようにしましょう。「蜂が外にいる間に巣を駆除しておきたい!」と思われるかもしれませんが、帰ってきた蜂に刺される危険性があるので、すべての蜂を巣ごと駆除するようにしてください。

蜂の巣を駆除するときの服装

危険度の高い蜂の巣駆除をおこなうなら、防護服を着用するとよいでしょう。自治体によっては貸し出しをおこなっているところもありますので、一度相談してみるのもよいかもしれません。

防護服が準備できないということでしたら、フード付きの雨合羽で代用することもできます。ただし、必ずしも安全ということではないので注意してください。また、防護服以外にも厚手の軍手やマスク、長靴を着用するとよいでしょう。蜂はにおいに敏感ですので、香水やヘアスプレーなどは避けるようにしてください。

洋服や雨合羽などはなるべく白いものを着用するようにしましょう。黒色や原色に近い色は蜂に刺激を与えてしまうことがあります。また、肌が露出していると蜂が中に入り込んでしまいますので注意が必要です。タオルで首の隙間を埋めるように巻いたり、袖や裾の隙間をテープで止めたりして肌を見せないように工夫をしましょう。

暗い中での作業になりますので、ライトを用意しておいてください。ただし、ライトを直接蜂に当てると刺激を与えてしまいますので、必ず赤いセロハンなどを貼って光を弱めるようにしましょう。

ベランダの小さな蜂の巣を自分で駆除する方法

蜂の巣駆除の準備が整ったら、いよいよ作業をおこないましょう。「女王蜂のみがいる蜂の巣」と「数匹働き蜂がいる蜂の巣」それぞれの駆除方法について紹介していますので、当てはまるほうを参考にしてみてください。

(1)女王蜂のみの小さな巣を駆除する方法

〇準備するもの
・殺虫スプレー(450ml以上)
・ビニール袋
・ハサミ

〇作業手順
1.気づかれないように少しずつ巣に近寄る
2.女王蜂が落ちてくるまで殺虫スプレーを20~30秒ほど噴射する
3.巣に蜂がいないと分かったら、巣の根元をハサミで切る
4.落ちた巣をゴミ袋に入れて完了

(2)働き蜂がいる小さな巣を駆除する方法

〇準備するもの
・殺虫スプレー(450ml以上)
・ビニール袋
・ハサミ

〇作業手順
1.気づかれないように少しずつ巣に近寄る
2.殺虫スプレーを表面・入り口めがけて3~5分ほど噴射し続ける
3.蜂が出てこなくなったら、入り口から中にかけて噴射する
4.蜂をすべて駆除することができたら、巣の根元をハサミで切る
5.落ちた巣をゴミ袋に入れて完了

働き蜂がいる巣を駆除するには危険が伴います。少しでも不安に思ったら、プロに依頼するようにしましょう。

駆除した後にやっておきたい「戻り蜂」の対策

駆除した後にやっておきたい「戻り蜂」の対策

蜂は巣が駆除されても、その場所が気に入っていると再び巣を作りに来てしまうことがあります。また、巣から離れていた蜂が戻ってきて周りを飛び回ってしまうこともあります。再び蜂に巣をつくられないように、以下のような対策をしておきましょう。

【対策1】木酢液を吹きかけておく

木酢液とは、木材を灰にするときに発生する煙を冷やし、液体にしたものをいいます。木酢液には蜂が嫌うにおいがあるため、巣があった場所に散布することで蜂の再来を予防することができます。

【対策2】殺虫スプレーを吹きかけておく

殺虫スプレーは、蜂の駆除だけでなく予防にも使用することができます。殺虫スプレーはピンポイントで噴射できるものと広範囲で噴射できるものがありますが、予防に使うなら広範囲のものがよいでしょう。

【対策3】フェイクネストを設置する

フェイクネストとは、蜂の巣に見せかけた偽物の巣のことをいいます。アシナガバチは縄張り意識が強く、先約がいるところには巣を作らないという特徴があるため、この対策方法が効果的です。

〇フェイクネストの作り方
1.茶色の紙もしくは新聞紙を2枚用意する
2.1枚目の紙をグシャグシャに丸める
3.2枚目の紙で丸めた紙を包み込む
4.端の一部を紐で縛って完成

完成したフェイクネストは、巣が作られた場所にくくりつけておきましょう。

まとめ

ベランダの蜂の巣を小さいうちに駆除する場合、蜂の数が重要になります。女王蜂のみの場合は簡単に駆除することができますが、働き蜂がいる場合は刺されるリスクが高まるので注意しましょう。

蜂の巣を自分で駆除するときは、蜂が巣に戻る夕方~早朝に駆除するようにしてください。そうすることで、巣に戻ってくる蜂に刺されるのを防ぐことができます。

蜂の巣駆除は危険を伴う作業ですので、なるべく防護服を着用するようにしましょう。肌が露出しているとそこから蜂が入り込むおそれもありますので、袖や裾はテープで貼りつけるなど工夫をするとよいでしょう。

働き蜂のいる巣の駆除が少しでも怖いと感じたら、無理に駆除しようとせず、プロに依頼するようにしてください。

また、蜂の巣駆除ができても、その場所が気に入っていると再び戻ってくることもあります。ご紹介した方法を参考に、再び巣を作られないようきちんと対策をおこなうようにしましょう。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国にネットワークを持っており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

・利用規約 ・プライバシーポリシー

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.